HOME
 
U-WAKU U-WAKU U-WAKU U-WAKU U-WAKU U-WAKU
    ウッドマイルズって何?   ウッドマイルズを算出する   ウッドマイルズを使う   調査・研究   イベント情報   会員ページ  
    ウッドマイルズ研究会    
 
ICON ウッドマイルズの背景
LINE
ICON 地球環境問題と木材 
ICON 世界の森林減少と違法伐採 
ICON 蓄積を続ける日本の森林 
 
ICON 日本のウッドマイルズ−木材の輸送エネルギー
LINE
ICON 遠隔化する日本の木材調達 
ICON 日本のウッドマイルズ-木材の輸送-
ICON 輸入材の輸送エネルギー 
ICON 木材のトレーサビリティ 
 
ICON 木造建築の新たな環境指標
LINE
ICON 木材の地産地消運動 
ICON 輸送エネルギーの削減 (ウッドマイレージCO2)
ICON 顔の見える木材を作り出す(流通把握度) 
 
ICON ウッドマイルズ研究会の経緯と概要
LINE
ICON きっかけはフードマイレージ 
ICON 岐阜県立森林文化アカデミーから研究会発足へ
ICON ウッドマイルズフォーラムの概要 





waku
ウッドマイルズって何?
<日本のウッドマイルズ−木材の輸送エネルギー>
waku

■ 日本のウッドマイレージ
LINE
ウッドマイルズとは、ウッド(wood)・マイルズ(miles)という字の如く、木材の輸送距離を示します。そして、木材の輸送量(m3)にこのウッドマイルズ(q)を掛け合わせた数値を「ウッドマイレージ(m3・q)」と呼び、国や世界の木材の総輸送距離という、木材消費の態様を示すマクロな指標として使っています。 日本のウッドマイレージを計算してみましょう。FAO(国連食料農業機関)の「林産物統計年報」では、2000年の世界の木材貿易総量(紙製品を除く)は、約3億7,800万m3。輸入国別にみると最も輸入量が多いのが米国であり6,300万m3、次が日本の5,600百万 m3となっています。

この2カ国に加えて欧州において最も輸入量が多いドイツを加え、日米欧の3カ国の輸入材を木材の輸送距離の視点から見てみます。FAO の林産物統計年報には二国間貿易マトリックスというデータがあり、同統計から輸入国が特定できないものは省いていますので、各々の国の輸入量は若干少なくなっていますが、3カ国の木材輸入量と輸送距離は以下のようになります。


wmf
日米欧距離別木材輸入量
LINE
※出典:FAO「林産物年報(2000)二国間貿易マトリックス」をもとに作成
※FAO の林産物統計年報は紙製品も対象としているが、今回分析の対象としたのは丸太、チップ、製材、単板、合板、パーティクルボード、ファイバーボードの7品目
※同統計から輸入国が特定できない部分は省略
LINE

仮に、1,000q未満を近接国、1,00q〜8,000q未満を近隣国、8,000q以上を遠隔国とすると、ほぼ全ての輸入材を近接国ないしは近隣国から調達しているアメリカ、ドイツに対して、日本は6割を近隣国から、4割を遠隔国から調達しています。日本のように木材を1万q以上もかけて運んでいる国は、世界的にも極めて稀です。

wmf
日米欧の木材輸入量とウッドマイレージ
LINE
※出典:藤原敬・ウッドマイルズ研究会(2004)「ウッドマイルズ概論」をもとに作成
LINE

ここで、ウッドマイレージを使ってみると、日本の木材貿易の特異さが、さらに明確になります。日本のウッドマイレージが3,844億(m3・q)であるのに対して、アメリカは842億(m3・q)、ドイツは178億(m3・q)となり、日本人はアメリカ人の4.5倍、ドイツ人の21倍ものウッドマイレージをかけて木材を調達し、消費しているのです。
※日本のウッドマイレージ(詳しくは)→ 調査研究「木材輸送関連」ページ


 
  ウッドマイルズフォーラムの概要   お問い合わせ   サイトポリシー   プライバシーポリシー   サイトマップ  
S-WAKU S-WAKU S-WAKU S-WAKU S-WAKU

  「ウッドマイルズ」「ウッドマイレージ」は、一般社団法人ウッドマイルズフォーラムの商標登録です
 
line
一般社団法人ウッドマイルズフォーラム(取扱事務局)/〒102-0081東京都千代田区四番町3-10番町MKビル301(滝口建築スタジオ 内)
TEL 03-6256-8270 FAX 03-6261-2971 (担当:滝口)
Copyright (c)2008-2009 The Woodmiles Forum