HOME
 
U-WAKU U-WAKU U-WAKU U-WAKU U-WAKU U-WAKU
    ウッドマイルズって何?   ウッドマイルズを算出する   ウッドマイルズを使う   調査・研究   イベント情報   会員ページ  
    ウッドマイルズ研究会    
 
ICON ウッドマイルズの背景
LINE
ICON 地球環境問題と木材 
ICON 世界の森林減少と違法伐採 
ICON 蓄積を続ける日本の森林 
 
ICON 日本のウッドマイルズ−木材の輸送エネルギー
LINE
ICON 遠隔化する日本の木材調達 
ICON 日本のウッドマイルズ-木材の輸送-
ICON 輸入材の輸送エネルギー 
ICON 木材のトレーサビリティ 
 
ICON 木造建築の新たな環境指標
LINE
ICON 木材の地産地消運動 
ICON 輸送エネルギーの削減 (ウッドマイレージCO2)
ICON 顔の見える木材を作り出す(流通把握度) 
 
ICON ウッドマイルズ研究会の経緯と概要
LINE
ICON きっかけはフードマイレージ 
ICON 岐阜県立森林文化アカデミーから研究会発足へ
ICON ウッドマイルズフォーラムの概要 





waku
ウッドマイルズって何?
<日本のウッドマイルズ−木材の輸送エネルギー>
waku

■ 遠隔化する日本の木材調達
LINE
02-0102-02

  日本では、近年木材の需要量が減少傾向にある一方で、国内外共に木材輸送距離は増大しています。輸入材では遠隔地である欧州からの木材がシェアを伸ばし、国内では製材工場の集約大規模化が進んでいます。
※日本の木材輸送距離の推移(詳しくは)→ 調査研究「木材輸送関連」ページ

wmf
我が国への産地別木材(用材)供給量(丸太換算)(平成17年)
LINE
※出典:林野庁(2007)「森林・林業白書」をもとに作成
LINE


日本が輸入する木材は、世界中のはるか彼方の国々からやってきます。日本の輸入材は、森林・林業白書(2007年版)では、2005年度の輸入材(用材)の18.8%が米材と呼ばれるアメリカ・カナダからの木材、12.2%が南洋材と呼ばれるマレーシアやインドネシアなどからの木材、10.2%がオーストラリア、8.6%が北洋材と呼ばれるロシアからの木材、6.9%が欧州材と呼ばれるフィンランドなどヨーロッパからの木材で、その他は、ニュージーランド、チリ、中国などからの木材です。

wmf
欧州材のウッドマイルズ
LINE
※出典:ウッドマイルズ研究会(2005)「ウッドマイルズ研究ノート(その2)」をもとに作成
LINE

欧州材の代表的な木材輸送過程を見てみると、北欧からの輸入材のうち日本向け出荷量が最も多い製材工場が、フィンランドとロシアの国境のキツテ(Kitte)あります。およそ100q程度の範囲で収穫された丸太がキツテで製材品に加工され、そこから鉄道で約350qかけてバルト海沿岸のコトカ港(Kotka)へ運ばれ、さらにハンブルグ経由の約2万2千qの航海を経て、ようやく東京港に到着します。北欧だけではなく、北米や南洋など、輸入材は世界中のあらゆるところから、膨大な輸送距離を経て日本にやってきています。

wmf
各国から日本へ輸入される木材の輸送距離
LINE
※出典:ウッドマイルズ研究会(2005)「ウッドマイルズ研究ノート(その2)」をもとに作成
LINE


 
  ウッドマイルズフォーラムの概要   お問い合わせ   サイトポリシー   プライバシーポリシー   サイトマップ  
S-WAKU S-WAKU S-WAKU S-WAKU S-WAKU

  「ウッドマイルズ」「ウッドマイレージ」は、一般社団法人ウッドマイルズフォーラムの商標登録です
 
line
一般社団法人ウッドマイルズフォーラム(取扱事務局)/〒102-0081東京都千代田区四番町3-10番町MKビル301(滝口建築スタジオ 内)
TEL 03-6256-8270 FAX 03-6261-2971 (担当:滝口)
Copyright (c)2008-2009 The Woodmiles Forum